チオグリコール酸カルシウムにはどんな効果があるの?

メンズ太郎です!今回はチオグリコール酸カルシウムの効果についてのお話しです。チオグリコール酸カルシウムは除毛クリーム(除毛剤)やパーマ材などに使用されている成分で、除毛効果や縮毛効果などがあります。

メンズ太郎
で、もっと細かい部分として、具体的にどんな効果があるのか?さっそく伝えていきますね。

くせ毛・ちぢれ毛矯正などの効果がある

チオグリコール酸カルシウムは、美容室のパーマ材にも使用されている成分です。髪の毛をウェーブ状にしたり、くせのある縮れ毛をまっすぐにする縮毛矯正効果があります。縮毛矯正は、いわゆるストレートパーマですね。

チオグリコール酸カルシウムは体毛を形成している『ケラチン』と呼ばれるタンパク質に反応する特徴があり、毛を柔らかくしつつ形状を変化させてくれるんです。

この特徴を利用して、くせ毛とか縮れ毛の矯正効果に期待できる形になります。

また、チオグリコール酸カルシウムは医薬部外成分として厚生労働省も認めているため、美容室などのサービス業でも利用できているんです。

参考:厚生労働省のパーマネント・ウェーブ用剤製造販売承認基準について

毛髪のタンパク質に反応して毛を溶かす効果がある

先ほどにもあったように、チオグリコール酸カルシウムは毛髪のタンパク質に反応して毛を柔らかくします。で、この特徴を利用して『毛を無くす除毛効果』にも期待できます。

チオグリコール酸カルシウム配合の除毛クリームを使用

ただ、さっきはパーマ効果があると言ってたのに、チオグリコール酸カルシウムで除毛もできるの?と思うかもしれません。頭に使ったらはげちゃうんじゃないの?って心配になります(笑)

でもそれはチオグリコール酸カルシウムの配合濃度によって効果が変わってくるので安心です。美容室で使用しているパーマ材って、チオグリコール酸カルシウムの濃度を薄くしていることから毛を柔らかくするだけにとどめているため、毛がなくなる心配はありません。

で、除毛クリームに配合されているチオグリコール酸カルシウムは濃度を濃くしていることから毛を柔らかくするだけでなく、分解する作用もあるため毛がなくなるんです。

毛のタンパク質を分解して、柔らかくなった毛を根元から除毛してくれる形になります。

つまり、チオグリコール酸カルシウムの濃度によって使い道や効果が変わってくるのです。溶かすって聞くと肌によくないイメージがありますけど、確かに肌に良いとは言えません。下記の副作用や毒性の記事にもあるように、チオグリコール酸カルシウムは刺激が強いですからね。

>>チオグリコール酸カルシウムの副作用や毒性についてまとめました

この記事のまとめ

メンズ太郎
チオグリコール酸カルシウムの効果について解説しました。くせ毛や縮れ毛の矯正、除毛効果など、主に毛髪にアプローチしてくれる成分です。

独特の臭いがするのでちょっと抵抗感こそありますが、髪をきれいに見せたり、ムダ毛処理をするためには便利な成分だと言えるでしょう。

チオグリコール酸カルシウムで永久脱毛できますか?

2018.06.18

チオグリコール酸カルシウムにはどんな副作用がある?毒性は? 

2018.06.14
Pocket

男性・女性兼用の除毛クリームをランキングにしました!
【わき毛】除毛クリームでツルツルにしてみた!
【胸毛】除毛クリーム使ったら毛が無くなった!